教育・研修制度 【 研修理念 】

豊かな人間性を育み、社会人、専門職業人として質の高い看護サービスを提供できる
看護師、地域医療に貢献し信頼される看護師を育てます。

当院では、卒後3年間を卒後研修。基礎教育期間としています。

1年目は、職場適応と基礎的な実践能力を育成します。
社会人として、専門職業人として必要な知識や技術を習得し専門職としての自覚を深めます。
ひとりひとりにプリセプターを配置し、社会人としてのスタートを応援します。

2年目は、患者様を全人的に看る視点を育成します。
患者さんの背景を掴み患者さん・ご家族の思いを傾聴し共感しながら個別生のある看護を深めます。

3年目は、患者さんに寄り添った日々の看護実践から自らの看護観を深めます。

新卒看護師への支援体制

新卒看護師への支援体制当院では、卒後3年間を基礎教育期間とします。
プリセプター制度や担当者を配置し「独り立ち」ができるレベルまで支援します。

新人看護師には、プリセプターとしての教育を受けた先輩看護師がマンツーマンで1年間サポートします。

看護手順や技術チェックリストに基づき配属部署における技術・知識の習得を指導・支援します。

看護師一人ひとりが目指す未来を継続教育でサポートします。

質の高い看護が提供できるように、段階に応じた教育・役割に応じた教育を実施しています。

院外研修や個々のスキルアップ等については職業人としての主体的な発達を支援しています。

ジェネラリストとしての自主・自立を促し、専門性を高めたい看護師のニーズを支援します。

ページtopへ

卒後研修 卒後3年を期間としてプログラムに沿って研修をします。


優しい先輩が温かく、厳しくサポートします。

左側:医師とのファランス 右側:先輩のサポートを受けながら病棟業務を取得 研修期間は一般病棟で担当看護師や先輩看護師の指導援助のもとに知識を深め基本的看護技術をしっかり身につけます。各年次に集合教育が設定され、病態分析・事例分析・在宅研修・看護研究を行います。期間中は看護師長が定期的に面接しフォローアップします。

  研修のねらい 内 容 指導体制

卒1年目

1.社会人・組織人としての自覚を持つ
2.基礎看護技術を確実に習得する
3.チームメンバーとして日勤夜勤勤務
 ができる
・新入職員研修
・技術チェックリスト1・ACLS研修
・集合研修4日間
・事例に学ぶ病態レポート研修
・プリセプター制
・師長主任がサポート

卒2年目

1.在宅医療研修実施。看護継続性、
 患者の生活から学び看護観を深める
・技術チェックリスト2・在宅研修3日間
・集合研修4日間・事例研修
・研修担当者
・師長主任がサポート

卒3年目

1.リーダーシップを理解し、チーム
  医療を実践できる
2.専門職として自覚を持ち、後輩指導
 ができる
・集合研修3日間
・看護研究
・研修担当者
・師長主任がサポート

プリセプター制

新卒看護師は職場に配属後から一人一人にプリセプターがつきます。プリセプターは指導だけでなく、緊張や戸惑いを感じることも多い新人ナースの気持ちを理解し適切なサポートをします。

集合研修

各卒年毎の集合研修は、職場内教育を補完し各期の目標が達成できるようにおこないます。動機の看護師とともに学ぶことで協力し成長しあう仲間が生まれます。

教育委員会主催〜新人研修会
教育委員会主催〜新人研修会

ページtopへ

現任研修 職場で必要な力を育てていくために、個人のキャリアアップを支援しています。


自ら学び専門知識・技術の向上を図る
          あなたをバックアップします。

院外研修

種々の研修会を推奨しており参加費補助や時間保障を行っています。この制度を利用して毎年100名以上が参加しています。
現在、学会等の資格を持つ看護師は、呼吸療法士2名、内視鏡技師1名、糖尿病療養指導士3名、臨地実習指導者6名、ケアマネージャー30名です。

施設内研修

卒後4年目は以降は「看護職員教育計画」に基づき研修を行ないます。院内委員会や看護部門による研修会も多彩に開催されています。

ACLS研修会
ACLS研修会

ページtopへ