HOME > 病棟紹介 南2階

病棟紹介 南2階 回復期リハビリ病棟

回復期リハビリ病棟とは

脳卒中や肺炎など内科や外科的な手術や病気、骨折(=急性期)の患者様は、その後身体の機能の改善が見込める「回復期」に入ります。この時期に食事や排せつ、入浴、歩行など患者様の心身の機能回復に取り組むリハビリを実施するのが当病棟です。

◇多様な職種によるチーム医療

当病棟では多様な職種の医療スタッフが患者様のリハビリにあたります。医師だけではなく、大勢の看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、社会福祉士、薬剤師、栄養士、さらには心のケアにあたる心理療法士など、様々なスタッフがチーム医療で患者様やご家族と共にリハビリと治療に取り組みます。
各スタッフは、患者様やご家族とのコミュニケーションを第一に、術後の状態あるいはリハビリテーションにおける質問や問題に対して、十分にお話を伺いながら、リハビリの方針を決定します。

病棟紹介 南2階

リハビリの流れ

当院の一般病棟あるいは急性期病棟から移られたり、他の病院から転院され、当病棟に入院された患者様は、まずリハビリテーション担当者とともにオリエンテーションに参加します。担当者はリハビリテーションについてご説明し、また患者様やご家族のお話を伺いながら、必要な訓練の内容を含めた今後のリハビリの方針を決めたり、ベッド周辺の環境などを調整します。医師による医療カンファレンス、(治療会議)だけではなくリハビリカンファレンスを実施して、一人一人の患者様に合った治療とリハビリの連携「リハビリ総合実施計画書」を決定します。
リハビリテーションの最終目的は、患者様がご自宅に戻られ、仕事や家庭、地域などの活動に復帰されることです。ご家族のご希望も伺いながら、在宅の活動の可能性とともに、施設やマンパワーなどの社会資源の活用、介護保険やその他の行政支援制度の導入などを図りながら、心身のリハビリとともに社会生活への復帰を進めています。

導入している治療やリハビリテーション

◇ボツリヌス・トキシンによる筋肉緊張緩和治療

近年、筋肉や腱(けん)の緊張が強い患者様に対して、筋肉の緊張を和らげる「ボツリヌス・トキシン」の注射を導入する病院が増えており、当院でも実施しています。

◇嚥下(えんげ=飲み下し)造影・内視鏡検査による機能評価

手術や長い治療の後、口から食べ物を食べていなかったために食事がスムーズにいかない患者様や、飲み下しの機能が低下している患者様に対しては、嚥下機能のリハビリが行われます。それに先立って、飲み下しの機能を透視や内視鏡で撮影し、のどや食道の部分で問題が起きていないかを確認する検査を実施しています。