家庭医療専門医コース

家庭医療専門医コースプログラム

プログラム概要

【1年目】

  • 総合内科を病棟研修 9ヶ月間 《研修施設》医療生協わたり病院
    ※この間に週1日程度回復期リハビリテーション病棟回診とカンファランスに参加。リハビリテーション医学の基本的な考え方を学ぶ。
  • 小児科を病棟及び外来にて研修 3ヶ月間 《研修施設》医療生協わたり病院
  • 在宅医療研修 1年間を通じ 週1単位 《研修施設》ふれあいクリニック桜水 or 生協いいの診療所 のいずれか

【2年目】

  • 内科を中心とした病棟・外来研修 12ヶ月ないし6ヶ月 《研修施設》医療生協わたり病院 or 小名浜生協病院
  • 希望に応じて他の家庭医療学研修機関等での研修 6ヶ月

【3年目】

  • 診療所研修 12ヶ月 診療所において副所長としての研修
    《研修施設》※ふれあいクリニックさくらみず ※生協いいの診療所 ※会津若松診療所 ※生協きたかた診療所 の内いずれか一施設

必修課題

(1) 診療所および家庭医療科の外来診療
(2) 訪問診療、在宅医療
(3) 地域における健康増進・疾病予防活動
(4) 診療所・病院のマネジメント
(5) シニアレジデントとして初期研修医の指導

研修期間

(1) 初期研修:2年
(2) 後期研修:3年
注)初期研修を受けた施設と後期研修を受ける施設とが異なってもよいが、原則としてひとつのプログラムで習得するものとする。ただし、理由によっては、学会の判断により変更を考慮する。

研修場所

【病院名】:医療生協わたり病院 :小名浜生協病院 :桑野協立病院
【診療所名】:医療生協わたり病院付属ふれあいクリニックさくらみず :生協いいの診療所 :会津若松診療所 :生協きたかた診療所

指導医等

(1) 研修プログラム責任者名:佐藤武
(2) 家庭医療指導医名:佐藤武
(3) 各々の専門診療科指導医名
・【内科】佐藤勝、渡部朋幸、小野寺尚、鈴木和雄、渡辺秀紀、五十嵐聡明、加藤新、
・【小児科】北條徹
・【診療所】松本純、北野浩二、岡内章
・【リハビリテーション科】佐藤武、渡辺亜貴子

プロラム内容

1.全研修期間を通して、行われる研修項目
(1) 外来における患者中心のケア 2・3年目 2年間
(2) 近接的なケア ( 1次医療機関である必要がある ) 3年目 1年間
(3) 継続的なケア 1~3年目 3年間
(4) 包括的なケア 1~3年目 3年間
(5) 保健や介護関連の活動 1~3年目 3年間
(6) 家族志向、地域志向のケア 1~3年目 3年間

評価システム

自己評価および指導医、他職種からの多面的な評価を行います。
・「ポートフォリオ」、「セルフ・アセスメント用紙」による自己評価
・「ポートフォリオ」、研修レポートによる相互評価
・学会発表、論文による評価
・各科研修終了時における研修到達の評価
・全研修期間終了時における総合評価

修了認定

研修目標に到達したと判断された場合、「家庭医療後期研修修了書」を交付します。

お問い合わせ

医療生協わたり病院 医局事務課

電話:024-521-2056(代表)
詳細はご相談に応じます。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールでの実習・見学に関するお問い合わせはこちらから

top