後期臨床研修について

わたり病院での後期研修

全てのプログラムに共通する目標

1) 総合医としての臨床的技能 ( 責任性、近接性、継続性 ) の維持、研鑽
2) 責任性:主治医としての患者管理、総合的判断、地域の医療要求に応える姿勢
3) 近接性:患者様への親切な態度、医療スタッフとの良好なコミュニケーション
4) 継続性:往診、外来、病棟を担当し、患者様と長く関係する

各研修プログラム

全てのコースで期間は初期研修終了後 3年間とする。
1) 総合診療・家庭医サブスペシャリティー研修 ( 詳しくはこちら )
2) 消化器科サブスペシャリティー研修 ( 詳しくはこちら )
3) リハビリテーション科専門医コース (準備中)
4) 超音波専門医コース

各研修プログラムの目標

1) 家庭医コースの研修到達目標

診療所における一般的臨床問題の解決能力、在宅診療のリーダーとしての技能、小児科、小外科、婦人科、地域でのヘルス・プロモーション、予防医療、患者教育、 1年間の診療所研修と、残りの2年半は、病棟所属で総合医的病棟医としての業務、外来中心の業務を担当する。研修施設としては医療生協わたり病院を中心に本人の希望により福島県民医連内の他院所で 1年程度研修する。

2) 消化器科サブスペシャリティー研修

消化管出血の管理、慢性肝炎の外来管理、上部、下部消化管内視鏡、エコー、CT読影

処遇などについて

1) 身分等については初期研修に準じる
2) 給与
お問い合わせください

お問い合わせ

医療生協わたり病院 医局事務課

電話:024-521-2056(代表)
詳細はご相談に応じます。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メールでの実習・見学に関するお問い合わせはこちらから

top