HOME > 方針・ごあいさつ

方針・ごあいさつ

リハビリテーション室方針

リハビリテーション室方針 1985年のリハビリテーション室開設以来、理学療法、作業療法、言語聴覚療法のリハビリを行っています。回復期病棟、一般病棟(内科、外科)、外来、関連部署として訪問リハビリ、老人保健施設、通所リハビリがあり在宅リハビリチームとの連携も図っています。その為、在宅生活をイメージしたリハビリを心がけ、その人らしい生活を取り戻せるよう支援しています。
 全ての方に個別の担当をつけたリハビリの対応、そしてチームとしての関わりを通し、多方面からの視点でより良いリハビリの提供ができるようにしています。

ごあいさつ

地域社会に貢献できる
リハビリテーション病院を目指して

当院は、福島市内の他の大規模な急性期病院と比べると、規模は小さく中小病院の位置付けにあります。
しかし、病院の機能分化が進んだ現在、急性期病院とは違う地域の中小病院ならではの個性が光る時代になってきたと思います。当院は、いち早く他の急性期病院との連携を開始し、たくさんのリハビリ患者さまを受け入れております。 また、日本人の3大疾患は、がん・心疾患・脳卒中の3つですが、当院では3つの疾患、すべてに対してリハビリ医療を展開しております。
ますます進行する高齢社会の中で、様々な、ご病気・障害を抱える患者さま・ご家族さまに対して、また、地域社会全体に対して、リハビリテーションがこれからも貢献できるように考え、行動していきたいと思っております。

室 長 関根 誠